有田焼 アサヒ陶研有限会社

アイデアとデザインで、有田焼を今の時代に、そして未来に継承する

有田焼のこと

有田焼の魅力

 有田焼は日本陶磁器の祖であることはもちろんですが、今にいたるまで様式や技法を変えて発展し続けています。その姿は日本のみならず海外でも人気があります。私たちは有田焼の新しい姿を形にしようと日々精進しています。

有田焼の歴史

・豊臣秀吉と日本陶磁器の祖

 秀吉の朝鮮出兵の際、佐賀藩主の鍋島直茂は朝鮮の撤退時に朝鮮陶工たちを日本に連れて帰りました。その中の一人、李参平(りさんぺい)、和名を金ヶ江三兵衛(かねがえさんべえ)と呼びました。

・日本陶磁器の誕生

 李参平は伊万里の地を経て有田に入ります。そして、1616年、有田の泉山(いずみやま)に、良質の磁石を発見し上白川に天狗谷窯を開きます。そこから有田の窯業は急速に発展し始めました。(陶山神社は李参平を祭ってある神社)
 近年、有田東部の天狗谷窯の開窯よりも早い1610年代前半から、西部の天神森窯、小溝窯などで磁器製造が始まっていたことが明かになっている。

・有田焼の様式

 初期の有田焼は白い素地に藍色一色の模様「染付磁器(初期伊万里)」が中心。
 1640年代に初代・柿右衛門が赤を基調とした「赤絵(色絵磁器)」を生み出す。

 1650年代からは、オランダの東インド会社(略称VOC)によりヨーロッパの国々に輸出されはじめます。ヨーロッパに渡った有田焼は伊万里の港から出荷されたため、「IMARI」と呼ばれ、豪華な金襴手の品々は当時、純金と同じ価値で取引されていました。